面接の前にやっておくべきこと

面接の最後の質問タイム

面接の前にやっておくべきこと
面接で一通りの質疑応答が終わると、採用担当者から最後に何か聞きたいことがありますか?と言われることがあります。もし、聞きもらしていたことがあるなら確認しましょう。しかし、とくに何もなければ質問する必要はありません。よく、何も質問しないと意欲がない人と思われると考える人がいますが、それは心配しすぎです。むしろ、何か質問しなければと考えると、細かすぎる質問をしてしまいがちで、自滅する可能性が高まります。しかし、選考結果の連絡や今後の選考手順は忘れずに確認しておかなければいけません。

ただ、これらを聞くときは、入社意思を再アピールしながら聞くようにしましょう。理解できた旨を伝え、入社したいと言う姿勢を見せつつ、選考結果の連絡はいつもらえるかなどを聞くことです。また、転職面接でよく見られますが、最後に待遇面の話を蒸し返す人がいます。何か質問しなければと考えるのは分かりますが、これはタブーと言っても過言ではありません。これらは質疑応答の中で話し合うべきことです。最後の質問でこれらを聞くのはやめましょう。応募者の最後の発言は、入社意思のアピールがベストです。採用担当者に良い印象を残すことが出来ます。


Copyright(c) 2019 面接の前にやっておくべきこと All Rights Reserved.