面接の前にやっておくべきこと

好印象を持たれる面接

面接の前にやっておくべきこと
就職や転職する時の面接はとても大切です。面接での印象で合格、不合格が決まると言っても過言ではありません。面接官に自己アピールをすることも勿論大切ですが、アピールすることに必死になりすぎて印象が悪くなってしまっては本末転倒です。どうすれば面接官に好印象を持ってもらえる面接が出来るか考えてみました。まず何より大切なのは挨拶です。きちんと面接官の目を見て笑顔で挨拶をすることが大切です。緊張してしまって小さい声で挨拶してしまったり、引きつった顔で挨拶してしまったりしては印象がよくありません。第一印象というのはとても大切です。1番初めの挨拶の印象がいいとその後の面接の流れもいいものになります。また、初めの挨拶だけでなく面接を終えた後の挨拶も大切です。面接が終わりホッとしてドアを出る時に挨拶を忘れてしまったり、だらけた挨拶をしてしまってはいけません。面接官は最後まで見ています。最後の最後まで緊張感を持って、最後の自己アピールとして礼儀正しい挨拶で面接を締めくくります。

次に清潔感のある身だしなみが必要です。スーツにホコリやシワがついていないが確認します。中に着るシャツやブラウスも綺麗にアイロンがかけられているが確認します。忘れがちなのが靴ですが、汚れを落とし綺麗に磨きます。ツヤを出せるリキッドやワックスを使うととても綺麗に仕上がります。身だしなみが整うと自然と自信が出てきますので余裕を持って面接に臨めます。


Copyright(c) 2019 面接の前にやっておくべきこと All Rights Reserved.